資格取得がポイント!調理専門学校でスキルアップ

調理専門学校ではマナーや接客スキルも学べる!

本格的に料理を学ぼう

料理の専門学校では、短期間で本格的な知識や技術が学べるのはもちろん、資格取得も可能です。しかし、そのためには学校選びがポイントになります。料理専門学校の特徴と選び方をチェックしましょう。

料理教室と料理の専門学校の違いは?

料理教室

料理教室に通う人の多くは、料理の腕を上げたりレパートリーを増やしたいと考えている人です。そのため、資格取得というよりは手軽にできる料理を学ぶことが多いです。

料理の専門学校

料理の専門学校に通う人は、料理をする仕事に就きたい人がほとんどです。そのため、資格取得を目指して技術だけではなく、料理の基礎知識も詳しく学んでいきます。

資格取得がポイント!調理専門学校でスキルアップ

調理器具

専門学校で学ぶこと

調理の専門学校では、基本的に調理師免許取得のために必要な勉強をおこないます。そのため、座学では衛生法規や栄養学、実技では料理の基本である作法や使い方を学んでいきます。また、テーブルマナーやおもてなしのスキルを身に付ける勉強を行う学校も多くあります。

男性

就職に有利な資格とは?

専門学校を卒業して調理の仕事をするには、調理師免許の取得が必要です。しかし、調理の仕事をする際には調理師免許以外に役立つ資格が多くあります。その中でもフードコーディネーターが最も人気があります。フードコーディネーターの資格を取ることで、フードビジネスのプロデュースやマネジメントをすることができます。

調理

学校の選び方をチェック

将来調理師になる為には、専門学校選びが鍵になります。就職率はもちろん卒業生の就職先の確認をしましょう。自分の希望する就職先に進学している卒業生がいれば、就職が有利になります。また、卒業までに取得できる資格の確認も必要です。調理師免許以外の資格を確認してみましょう。

鍋

様々な就職先

調理師の仕事はレストランと考える人が多くいますが、病院や学校などの就職先もあります。基本的に食材の仕入れ・仕込み・調理・盛り付け・清掃などが仕事内容です。しかし、資格を多く持っていることで仕事内容の幅が広がります。就職後に資格を取得することも可能なので、自分のスキルアップのために資格を取得しましょう。

広告募集中